アンチエイジングの為の美食習慣♪

美肌ケア

皆さんはアンチエイジングの為に行っていることはありますか?

アンチエイジングとは、年齢を重ねることによって起こる老化の原因を抑制し、身体の機能的な衰えを改善すること◎

今回は、老化を防ぐ食生活についてご紹介します。

アンチエイジングの為の美食習慣

その1.食べる順番に気をつけましょう

急激な血糖値の上昇を防ぐことが出来ます。

◆1番最初はサラダ(野菜)
野菜や歯ごたえのあるものを食べて、ある程度空腹を満たしておくと、食べ過ぎを防ぐことができるはずです。

◆2番目は、豆腐
大豆に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
食物繊維はブドウ糖の吸収を遅らせる性質があるので血糖値の急な上昇を防いでくれるのです。
また、排便がスムーズになり胃や腸の有害物質を排出する働きが活発になり、腸内環境が良くなり肌を若返らせる効果にもつながります。

このような理由で最初にサラダ、豆腐の順番がアンチエイジングに
効果的ということになります。

◆3番目は、肉や魚などのタンパク質

◆4番目は、ご飯
ご飯をまったく食べないというのは血管
の老化を起こすので良くないそうです。

◆最後に、果物

フランス料理のフルコースや、日本の懐石料理などでも食べる順番がありますよね。
これらも実は単なる儀式ではなく体のことを考えた賢い食べ方になっていたんですね。

その2.食物繊維を多く摂りましょう

便秘解消+満腹感を得やすくする効果があります。
食物繊維が多い食材は、こんにゃく、じゃがいも、ごぼう、寒天、キノコ類があります。

様々な効果が期待できる食物繊維ですが、サプリメントなどで多量に摂り過ぎるとミネラルなどの吸収を妨げることもあるためご注意下さい。

その3.朝食を食べ過ぎないようにしましょう

朝から沢山食べてしまうと、消化活動にエネルギーを使い、デトックス活動が上手く出来なくなってしまいます。
また、昼間眠くなってしまい、活動量も減ってしまうので、朝食をおなか一杯食べるのはNGです!

その4.納豆を食べましょう

更年期の不調や、骨の老化、活性酸素の除去に効果的です。
1日1パック食べるだけでOK!

女性ホルモンは、30代後半から急激に低下します。
女性ホルモンが低下すると、肌にハリや潤いがなくなり、顔のたるみや、乾燥、シワ、シミの原因に。
大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た作用があるので、アンチエイジングにピッタリの食材と言えます。

その5.食品の組み合わせを工夫しましょう

肉・魚・穀類は消化しにくいため、「野菜・果物+穀類」、「野菜・果物+肉・魚」などの組み合わせにすると、内蔵の負担を減らすことが出来ます。

 

さいごに

アンチエイジング、老化防止に関する情報が街中にたくさんあふれていますが、少しはお役にたちましたか?
いろいろな情報に惑わされず、バランスのとれた食事を心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました