【紫外線対策】UVケアに最適な食材はコレ!

美肌ケア

こんにちは!

すっかり春になり、紫外線が気になる季節になってきましたね。
皆さまは、体内から日焼け対策ができることをご存知でしょうか?
実は、紫外線に対抗できる食材があるのです。

紫外線対策ができる食材


それは、ビタミンA・C・Eを含むもの。
日焼けによるお肌のダメージを回復するために、非常に有効な栄養素です。

特にビタミンCは、化粧品に含まれていたり、お肌に良いことは有名ですね。
ビタミンCには、肌のハリの元を促進する働きがあります。
果物・野菜に含まれており、特に「赤ピーマン」・「のり」・「ゆず」・「レモン」などが代表的です。
多量に摂取すると、必要な量以外は外に出てしまうので、毎食時に分けて摂取することをオススメします☆

ビタミンEは、肌の老化の原因の元を食い止める力があります。
油や魚卵に多く含まれており、特に「あんこうの肝」「すじこ」に多く含まれます。

ビタミンAも、肌の老化を防ぎ、肌のハリを促進していきます。
レバーや緑黄野菜などに含まれており、特に「豚」・「とりレバー」・「シソ」・「生卵」・「マグロ」に多く含まれます。

紫外線対策のスペシャリスト


ビタミンA・C・Eを含むスペシャル食材が『トマト』です☆
紫外線の強い時期にできるものには、基本的に多くのビタミンが含まれています。
中玉のトマトを2個食べれば、1日の必要量の半分以上を補うことができます。

上記の栄養素をバランスよく摂取して、今から紫外線対策を行い、美肌を目指しましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました