顔ヨガは”自己肯定感”を底上げする

ブログ
私は、もともと自分の顔がそんなに好きではありませんでした。
美容は好きだったけど、それは自分に自信がなくてもっとよく見せたいという願望から、高校生のころからメイクをしたりダイエットをしたり一生懸命になって美容の研究していました。
エステティシャンになりたいと志したのも、自分の肌のコンプレックスからでした。
また、顔ヨガを実践して学ぼうインストラクターになろう!と思ったのも、自身のほうれい線やエラなど老けや骨格に対するコンプレックスからでした。
顔ヨガに限らず、美容は自分を肯定してあげられる手段なんだと思います。
すっぴんとメイク後では気分や性格が全然違う!という方も多いのではないでしょうか?

生きていくうえで欠かせない自己肯定感

もはや自己肯定感があれば最強なんじゃないかなと思います。
誰かに何か嫌なことをされたとしても、自分が自分を肯定して認めてあげることが出来ればメンタルが保てると思うんです。
顔ヨガでは、自分の顔の好きなところもあんまり好きじゃないところもひっくるめてしっかり向き合っていきます。
そして、自分では気づかなかったパーツを好きになったり、どんどん顔が明るくなったり、受ける前より自分が好きになることを大切にレッスンを行っていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました